www.iglesiaanglicanademexico.com

.

.


外為取引(FX)には取引所取引というものがございます。普通の外為企業と商売をとり行うものを「店頭取引」と呼ぶのですが、取引所を通過させないで売買の相手はFX企業になります。「取引所取引」というのはFX会社はあくまで仲だちでありますので直の取引目標は取引所との事になります。この相違をここで少し比べてみましょう。最初に「店頭取引」の時は預けておる資金は外為(FX)業者に束ねされているのです。「取引所取引」の例、資金は全額取引所に預託しなければならないと決まっているのです。そうする事で万一外為業者が経営の行き詰まりをするような問題があったとしても、後者は、取引所によって資金は総額守護してもらえることになります。場面は外為(FX)企業が束ねしているので、状態を見て会社破綻のあおりに襲われて託していたお金は防護されないかもという可能性があります。重ねて税金面でも2つには規定に違いが見受けられます。「店頭取引」では、為替差益やスワップポイントなどを雑所得として報酬と加算して届出をせねばいけません。ものの確定申告しなくても良い機会もある様ですので、自分に共通するか当てはまらないか抜かりなく検討をお願いします。もしかして貴方がビジネスマンでサラリー二千万円以下給与所得をはみ出した収入が20万円以下(2社以上の企業から給料の所得がなし)というようなのような条項を満たしている状態でいるということであれば特別というお話で確定申告は不要です。外為利潤が20万円以上の場面は確定申告をしなければいけません。税金の度合いは利益に応じて5から40%の六段階に仕分けられており手取りが高ければ高いほどタックスも上がります。「取引所取引」においては、収益があるのであれば他の実入りとは別口として「申告分離課税」の対象となってしまうでしょう。税の割合はすべて20%となるのですが、もし損失が決まったという事なら「取引所取引」の得策として損分を次年以降に先送りするということが可能です。上記のように、「取引所取引」の方がより安価な税になる時というのもあるのでふまえてみた方が良いでしょう。ことに未経験者の場合、ジャスダック株価の上がり下がりや円の動きにいつも配慮し、収益や欠損分に手に汗にぎるがために、税金においての事柄を忘れたかのようになってしまうこともありますので、気をつけましょう。損分は困るのですが、実入りが値上がりすれば税金も額が高騰するので注目と実感をもつ事がポイントですね。